発見された謎男子のお父さんを警官が小児イジメで連絡は酷では?

 北海道で行方不明になっていた小学生二年生の男の子が発見されたケースは、
必ず男の子が無事に発見されて一際でした。
おとうさんが躾の為にとモデルで男の子を降ろした申し込み行方不明になったことから、
おとうさんの用についての注意が出ています。
国際的な文字もなされてしまっていて、海外メディアもこういうお父さんの用が行き過ぎではないのかと盛んに報道されているようです。
 確かに、こんな大騒ぎになってしまい、国際的なケース文字にまで広がった結果からすれば、
行き過ぎた素行だったのかもしれません。
が、父兄としていえば、多かれ少なかれ、こういった行為で坊やにわからせようとした実例のある父兄が多いのではないかと思うのです。
度が過ぎていたと言えばそうかもしれませんが、おとうさんもよもやこんな事態になるとは想像できなかったのだと思います。
 追求インナーも、検知下も、おとうさんは多くのメディアに囲まれて、心身共に衰弱している様に見えました。
面会では音声が上ずっていましたし、しどろもどろなゾーンもありました。
小児が行方不明になってしまったという理由を自らが作ってしまったのですから、
責務を十分に感じていたと思いました。
 ケースは男の子が発見されたというのに、警察はこういうお父さんを児童虐待の問いがあるとして通告するそうです。
わたくしはこれは行き過ぎだと思います。
面会で明らかなように、おとうさんは十分に社会的な制裁を受けています。
これ以上彼を追い詰めるのは酷だと思います。
 それよりも、児童の検知ことを追求分野から除外していた警察こそ失敗じゃないでしょうか。
その失敗を覆い隠す為のお父さんの案内なんのではないかとわたくしは観ています。
警察の自己責任の無さと、言い訳だと思います。ベルタ葉酸サプリの口コミを見ました

家庭菜園デビューしました

先月下旬から家庭菜園をしています。種類は、ミニトマトとレタスです。どちらも小さなカップの中で育てる方法で窓辺に置くと、ちょっとしたインテリアにもなります。

OKサイン

ミニトマトもレタスも、種まきは3月から5月が適しているそうで時期的にもピッタリです。ミニトマトは収穫まで3カ月かかるのですが、レタスは1か月ちょっとで食べれるようになります。

今日で開始から2週間余りになりますが、ミニトマトは、まだ小さな茎ですが、しっかりと伸びています。

一方のレタスも葉が出ていますが、なんだかヨレヨレしていて収穫までに、しおれてしまいそうな感じで少し不安です。

どちらも水やりは、スプレーにして軽く吹きかけるのが良いらしく、やり過ぎると根腐れしてしまうらしいのですが、その適量の具合を図るのが難しいです。肥料にしても同じで、やり過ぎはかえって育ちにくくなるそうです。

人間と同じで栄養も取らないと失調になりますが、取り過ぎるとかえってダメなんだと思いました。

収穫が待ち遠しい毎日です。